得られるメリット

歯科器具

人生80年の時代です。
健康と歯とは深い関係があります。
衣食住のうち、生命に最も重要なことが「食生活」です。
老年になって、1本でも自分の歯を残すために、きれいな歯並びというのは、非常に重要です。
歯並びがきれいですと、歯ブラシが隅々に動かしやすく、磨き残しが少なくなるため、虫歯も減ります。
八重歯は、笑うと可愛いという人もいますが、歯がデコボコに並んでいるので、虫歯予防により厳しく歯ブラシをしたり、歯間ブラシをすることは当然必要です。
しかし歯ならびは矯正歯科などに通うことで矯正することができます。
保険が効かないので100万円近い高額の治療費はかかりますが、医療費控除の対象になるので確定申告をすれば税金は返金されます。

トレンド

昨今では、口元の美的な問題だけでなく、噛み合わせの向上、虫歯予防などの理由で矯正歯科を利用する人は増えています。
矯正中は痛いですし、半年から1年くらいかかるので、矯正中は不自由です。
以前は金属の金具とワイヤーで1本1本の歯を定期的にワイヤーをしめながら調整しましたから、一見お歯黒のように口元がおどろおどろしかったのですが、昨今は金具が透明な材質を使うなど、以前より怖い口元ではなくなってきました。
乳歯がぬけて永久歯がそろった後、小学生から高校生くらいの間に行う人も多いです。
デコボコ具合や生え方などで、矯正期間は個人差があるので、矯正器具がいつはずせるかは必ず1年ともいえない場合もあり、成人の場合長引くこともあります。

扱う人

歯の矯正は、一般歯科で行っている場合もありますが、一般歯科から紹介状を書いてもらって矯正歯科専門のところに予約をとることが多いです。
意外と矯正歯科をやっているところは多くはないです。
また、そこで虫歯が見つかっても、ついでに治療はしてもらえないです。
初回の初診は必要なく、まず話を聞きます。
矯正計画を立て、どの金具を利用するか、すなわち、どの値段帯を利用するかを決めます。
初診で歯を検査して、治療すべき歯があれば、歯科で先に治療し終えてから矯正が始まります。
はじめは1週間ごと、2週間ごと、1か月ごとというように、ワイヤーを調整するために、定期的に予約して通院する必要があります。
そのたびに治療費が発生するので、時間的に余裕があることが大事です。
しかし、矯正に通院している人は多く、予約表はいっぱいなことに驚きます。

オススメリンク

今後の動向

アメリカでは歯のケア意識というものがとても高い傾向にあり、日…Read more

費用は異なる

歯並びの悪さなどの理由から矯正を行う場合、通常の健康保険は原…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930